不倫調査はプロの探偵へ依頼

不倫を疑う時、どの様に確証を得ますか?
最近自分で調べるのがスタンダードに。が、素人調査は大変な事態になりかねず。不倫調査はプライバシー侵害と紙一重で、逆に相手から訴えられ損害金を支払う事も。
やはり不倫調査は、プロの探偵へ依頼を。
プロへの依頼の気がかりは料金。ここでは、浮気調査の費用や料金をクローズアップ。
他に、不倫調査の具体内容や探偵の詳細等…あなたのお役立ちの記事があるかも。
どこから読んでも理解可能に作られてますが、料金を一早く知りたい方は、カテゴリー「浮気調査の値段システム」と「浮気調査で得られる利益」の頁をご参照。
それさえ面倒な方に…
【2分で理解の不倫調査料金】
・料金相場は無し
独占禁止法に違反する故、探偵業では相場は無し。それ故、探偵協会等では料金設定法の指示無し。地域や事務所により具体的金額は全く相違。
・代表的な料金システム

  1. 実費制:かかった分だけの支払い
  2. 定額制:予め定められた金額のみ支払い
  3. 成功報酬制:成功した時だけ支払い

各システムには、善し悪しが存在。自分が好きなプランを!
いかがですか?相当大まかな説明で理解できましたか?更に詳細を知りたいなら、各ページをじっくりご参照!

調停裁判の場合

協議離婚が合意に至らなかった場合には、裁判の前にまず家庭裁判所で離婚調停を行います。
離婚調停は、調停官の立ち会いの下で話し合いを進めていくものです。
では、この調停を弁護士に依頼すると、費用はどれくらい掛かるのでしょうか。
日本弁護士連合会のアンケート(2006年度)によれば、
弁護士報酬のうち、「着手金」は、1位が20万円で45%、2位が30万円で42%とあります。
また、「報酬金」は、1位が30万円で40%、2位が20万円で30%となっています。
以上から、着手金・報酬金の相場は、合計で40〜60万円程度であるとわかります。
ただし、弁護士によっては日当やタイムチャージなどの上乗せ分が高額になってきますので注意が必要です。
一般的に、離婚調停にかかる時間は半年間、回数にして6回程度ですが、
浮気が発端である離婚調停は長期化することが多く、その分だけ日当・タイムチャージが膨れあがることになります。
話し合いが激化して離婚調停がうまくいかなかった場合、裁判にまで発展する可能性があります。
そうなれば、日当・タイムチャージの負担はますます大きくなります。
着手金だけでなく日当やタイムチャージなどの金額にも注意し、
様々なケースを考慮に入れて、慎重に弁護士を選択するようにしましょう。

更新情報